病気による看護師の質

看護師はさまざまな医療現場で働きますが、現場の違いによって働き方、気の配り方も又変わってきます。一般的に救急や外科系の病棟、病院ではテキパキとできるだけ正確かつ速く行動することが求められる為、看護師の性格もきびきびして、決断力が早いことを求められます。逆に内科系の病棟、病院や療養病床であれば、患者さんの毎日のバイタルをはかり、治癒傾向のみならず、精神的なフォローの必要性もあるため、比較的大らかに当たりも優しくなければ安心して入院、療養できません。しかしながら、看護師の性格に合わせて勤務を変えたりすることは出来ないため、看護師側が内科系や療養病床であればゆったりとした心持ち、外科系であればテキパキとした行動と自然に変わっていくか、変われなければその職場になじめないという事もあります。本来は看護師自身の適正を見極め経営側が良い部署に配置出来るのが一番ですが、医療従事者の中でも一番多い職業でありながら、人手不足が激しい職業であるため、現実的には良い配置が出来る以前に一定数確保するのも大変な状況です。従って、看護師側が自らその科に合わせて性格や行動、精神を適応さえていかなければならず、ただでさえ人手不足が叫ばれている職業に更に重責がかかっているため、その分看護師自身の目標、意識等の質が高くあることが望まれます。