鍼灸の不妊治療方法について

不妊治療の一環として鍼灸を行っています。鍼灸は不妊治療に直接の効果というよりは治療をすることによって体質改善を行い妊娠しやすい体を作るという治療になる為、病院などで行う採血、診断などの体に負担をかけるものではないので癒しに近い状態で治療することが出来ます。治療としては週一回程度通い30分から1時間程度の時間で終了します。お灸で体を温めることで治療中は寝てしまうことが殆どで気づいたら終了していることが殆どです。針も刺しているのが分からない位の刺激ないものです。生理周期やそれぞれの症状によってやり方が異なりますが苦痛を伴うことはあまりありません。不妊以外にも通われている方は多い為、ご夫婦共に体質改善し、妊娠しやすい体づくりとして通われている方も多いです。今までさまざまな治療で効果が出なかった方の最後の頼みの綱として利用されているようなので、まだ治療をしたことが無い方には是非おすすめの治療です。

不妊治療には鍼灸もあるんです。

不妊治療、興味を持ったのは知り合いの人の話なんです。八年、子供がなかったそうです。そういう人もいるんだなぁ、その時はそう感じたんです。でも、実際、姉も五年、子供ができなかったんですよ。そういえば、芸能人だと結婚してすぐ子供ができる人とできない人がいますよね。その手の人は仕事の関係上、子供を作らないんだと思っていました。でも、そうじゃなかったんですね。芸能人でも不妊で悩んでいる人もいるんです。そういえば、不妊治療をして子供を授かった人もいるんです。でも、不妊治療に鍼灸もあるなんて意外でした。正直、鍼やお灸で子供ができるようになると信じられなかったんです。でも、鍼灸は東洋の医学の一つなんですね。実際に授かったいる人もいるようですし。案外、不妊の治療のために鍼灸院に通う人もいるようです。どちらにしても子供が授かったらそれにこしたことはないですね。

私の不妊治療経験と鍼灸治療

私はなかなか自然妊娠できず子作りをして2年目から産婦人科で不妊治療の相談に通いはじめました。最初は自然妊娠を目標に投薬、鍼灸の先生の所へ行き妊娠しやすい体作りなど自分でできる事はして治療に励んでいましたがやはり1回くらいチャレンジしても駄目だったので次の治療へとステップアップ。次の治療は人工受精でした。私の場合は1回目で人工受精に成功。子供が授かる事が出来ました。子供ができるまでは本当に何故自分にはできないのか、私は何が悪い事をしたのかなと思う毎日。あとから結婚した友達はすぐに妊娠していきなんとも言えない気持ちでした。私の場合は期間としてはまだ短い方と思います。今は不妊治療で悩んでいた自分とは違うやっと授かった子供の成長をみるのが楽しいです。不妊治療は不妊治療で保険外になるものも多いので経費負担、体にも負担がかかります。気持ちも負けそうになる事もたくさんあります。しかし本当に我が子に出会えた時はその事を吹っ飛ばすぐらいの喜びがあります。